大阪天神祭 日程 場所 見どころ ギャルみこし 奉納花火 アクセス

大阪天神祭2019の最新情報満載!2019年に開催される大阪天神祭の日程や場所・見どころなどを詳しくご紹介。大阪天神祭がはじめての方にもわかりやすいように、地図付きご紹介します。日本三大祭りのひとつに数えられている大阪天神祭は豪華で華やかなイベントが盛りだくさんです。2019年の夏は大阪天神祭で大いに盛り上がりましょう。

1.天神祭とは?

日本三大祭のひとつ

大阪の天神祭は日本三大祭(他は京都の祇園祭、東京の神田祭)のひとつと言われ、毎年130万人の見物客が訪れる日本を代表する夏祭り。菅原道真公が祀られ、学問の神様として有名な大阪天満宮とその周辺で行われ、千年以上の歴史と伝統を誇ります。

この投稿をInstagramで見る

Osaka Bobさん(@osaka_bob)がシェアした投稿 -

www.instagram.com(@osaka_bob)※過去の天神祭

天神祭は全国各地で開催されますが、大阪の天神祭は特に豪華で華やか。総勢3000人もの大行列や、大川を行き交う100隻もの大船団、夜空を彩る打ち上げ花火など、陸や川、夜空を舞台に日本屈指のスケールで熱く盛り上がります。

この投稿をInstagramで見る

Osaka Bobさん(@osaka_bob)がシェアした投稿 -

www.instagram.com(@osaka_bob)※過去の天神祭

2.天神祭2019の日程は?

宵宮7/24・本宮7/25

天神祭では歴史を受け継ぐさまざまな神事と、時代の感性を取り入れた華やかな催し物が6月下旬吉日から7月25日にかけて行われます。

twitter.com(@Osaka_Tabilog)※過去の天神祭

約1ヶ月間続く行事の中から観光客に人気のイベントをピックアップ!

ギャルみこし
2019年7月23日(火)
時間:12:00〜17:00
場所:天神橋筋商店街〜大阪天満宮
天神祭宵宮(よみや)の前日に行われるイベント。赤いハッピを着た明るく元気な女性達が神輿を担いで天神橋筋商店街を巡行する。
鉾流神事
(ほこながし しんじ)
2019年7月24日(水)
時間:8:50〜9:30
場所:旧若松町浜の斎場(天満警察前)
祭の開幕を告げる厳かな神事。堂島川の中ほどに漕ぎ出した船上から神童が神鉾(かみほこ)を流し、祭の無事や市民の無病息災、市中平穏を祈願する。
催太鼓氏地巡行
(もよおしだいこ うじち じゅんこう)
2019年7月24日(水)
時間:16:00〜
場所:大阪天満宮の氏地
催太鼓(もよおしだいこ)が氏神の鎮守する土地を巡行する。太鼓台がシーソーのように上下に大きく揺らされ、叩き手が飛ばされそうになりながら激しく太鼓を叩く「からうす」は見応え抜群!
陸渡御
(りくとぎょ)
2019年7月25日(木)
時間:15:30〜18:00
場所:大阪天満宮から出発
豪華な衣装をまとった総勢3000人の大行列。大阪天満宮から船渡御(ふなとぎょ)の乗船場である天神橋まで約3kmの道のりを賑やかに華やかに練り歩く。
船渡御
(ふなとぎょ)
2019年7月25日(木)
時間:18:00〜21:00
場所:大川
天神祭のクライマックス!かがり火や提灯を灯らせた約100隻もの大船団が大川を行き交う。水上パレードさながらの神事は幻想的だ。
奉納花火
(ほうのうはなび)
2019年7月25日(木)
時間:19:30〜20:50
場所:大川
船渡御(ふなとぎょ)の水上パレードと合わせて打ち上げられる奉納花火。約5000発の花火が次々と打ち上がり夜空を華やかに彩る。
還御祭
(かんぎょさい)
2019年7月25日(木)
時間:22:00〜
場所:大阪天満宮
天神祭の最終行事。陸渡御と船渡御を無事に終えた御神霊(ごしんれい)を御鳳輦(ごほうれん)から本殿へ御還し(おかえし)する神事。一団が大阪天満宮へ戻り大阪締めや獅子舞で盛り上がる。

3.天神祭2019の見どころは?

2019年に開催される天神祭の見どころをご紹介。日本屈指のスケールを誇る一大イベントは必見です!

(1)ギャルみこし

天神祭に華を添える人気のイベント

天神祭宵宮(よみや)の前日23日に行われるイベント。正式名称は「天神祭女性御神輿」。オーディションに合格した明るく元気なみこしギャルたちが担ぎ手となり、天神橋商店街を練り歩きます。天神祭に華を添える人気のイベントです。

twitter.com(@Osaka_Tabilog)※過去の天神祭

◆天神ギャルみこし 公式サイト 
2019年7月23日(火)
時間:12:00〜17:00
場所:天神橋筋商店街〜大阪天満宮

(2)陸渡御(りくとぎょ)

総勢3000人の豪華な大行列

本宮の7月25日に行われるメインイベント。色あざやかな衣装をまとった総勢3000人の大行列が、大阪天満宮から船渡御(ふなとぎょ)の乗船場まで練り歩きます。出発前には大阪天満宮にて無形民俗文化財に指定されている「からうす」が何度も披露されます。

twitter.com(@suizouさん)※過去の天神祭

真紅の投げ頭巾をかぶった願人(がんじ)が打ち鳴らす催太鼓(もよおしだいこ)や、ダイナミックな獅子舞、華やかな傘踊りなどは必見です。

(3) 船渡御(ふなとぎょ)

華やかな水上パレード

天神祭の中で一番の盛り上がりをみせるメインイベント。陸渡御(りくとぎょ)の大行列が陸から水上へ移動し、水上パレードを披露。神様を乗せた御鳳輦船(ごほうれんせん)を取り巻くように約100隻、総勢1万人が乗る渡御船団(とぎょせんだん)が大川を行き交います。

twitter.com(@Bobfamily_ogtb)※過去の天神祭

太鼓を打ち鳴らす催太鼓船(もよおしだいこせん)、軽快な地車囃子(だんじりばやし)を奏でる地車講船(じぐるまこうせん)、他にも獅子舞船や落語船など祭を盛り上げる船が続々と続きます。

(4)奉納花火(ほうのうはなび)

祭のフィナーレを飾る圧巻の花火

祭のフィナーレを飾る奉納花火。船渡御(ふなとぎょ)が行き交う両岸から約5000発の花火が打ち上がります。

twitter.com(@Osaka_Tabilog)※過去の天神祭

オープニングを飾るのは天神様にあやかったオリジナル花火「紅梅花火」。天満宮のシンボルである梅の花の形にひらきます。文字が浮かび上がる「文字仕掛け花火」も名物のひとつ。両岸から同時に打ち上がるスターマインは見応え抜群!

4.天神祭2019の楽しみ方

(1)天神祭のパンフレットをGet!

天神祭に行く前にパンフレットをゲットするのがおすすめ。パンフレットには宵宮(よみや)・陸渡御(りくとぎょ)・船渡御(ふなとぎょ)・奉納花火などのイベント紹介やお祭りMAPなどが掲載されています。天神祭の時期が近づくとJR大阪駅中央改札口前に位置する大阪観光案内所や大阪観光局の公式サイトなどで手に入ります。

twitter.com(@Osaka_Tabilog)※過去の天神祭

◆大阪観光案内所 大阪観光局 公式サイト 
住所:大阪市北区梅田3-1-1 JR大阪駅 1F中央コンコース JR大阪駅1F中央改札口前
営業時間:7:00〜23:00
※チケットの取り扱いは8:00〜22:00(3/31は21:00まで)
各国語対応:英語・中国語・韓国語

(2)屋台露店で大阪グルメを味わう!

大阪天神祭は屋台露店が多いことでも有名。約1000店もの屋台露店が天神橋商店街や桜之宮公園などにズラリと立ち並びます。

twitter.com(@miraikun610さん)※過去の天神祭

大阪のご当地グルメ「たこ焼き」の他にも、ひふみ屋や黒船屋のベビーカステラも行列ができるほど大人気!また太宰府天満宮の名物であり、菅原道真公にちなんだ和菓子「梅ヶ枝餅」も天満宮の屋台で販売されます。天下の台所として栄えた大阪は美味しいグルメがいっぱい!ぜひ堪能してみてください。

地図①天神橋筋商店街:日本一長い商店街。通常の屋台露店の他に店先でも出店される。宵宮の24日から屋台がたのしめる。
地図②南天満公園:宵宮の24日から屋台がたのしめる。花火が見えづらいので混雑は少なめ。屋台を楽しみたいお子様連れのファミリーに人気。
地図③川崎橋東側:宵宮の24日から屋台がたのしめる。花火も見られる。
地図④桜之宮公園北側&地図⑤桜之宮公園南側:花火が近くでみられる大人気のスポット。屋台数も多く、お祭り気分が味わえる。
地図⑥都島橋周辺:比較的混雑が少ない穴場スポット。屋台もあり花火も見られる。

(3)船渡御の船に乗船!

大阪天神祭の船渡御(ふなとぎょ)では一般の人が船に乗船できる「船渡御乗船チケット」が販売されます。ご神体を乗せた御金幣船(ごきんぺいせん)や、みこしギャルが乗船する御羽車講船(おはぐるまこうせん)、巫女さんの舞などがたのしめる供奉船(ぐぶせん)などに乗船できます。花火も間近に見ることができ、船渡御ならではの貴重な体験ができますよ。

twitter.com(@minamiko0430さん)

(4)有料観覧席でゆっくり鑑賞

総勢3000人の大行列「陸渡御(りくとぎょ)」、約100隻の大船団が大川を行き交う「船渡御(ふなとぎょ)」、夜空を彩る「奉納花火」を特設の観覧席でゆっくり見られる有料チケットが販売されます。

twitter.com(@Osaka_Tabilog)

陸渡御を目の前で見られる席や、花火と船渡御を間近に見られる席、花火を屋上から鑑賞する席など様々な有料観覧席が販売されます。詳しくは公式サイトにてご確認ください。

天神祭アクセス&天神祭MAP

大阪の天神祭は大阪天満宮を中心に幅広いエリアで開催されます。行き先別に主な最寄駅をご紹介しますので参考にしてください。

twitter.com(@Bobfamily_ogtb)※過去の天神祭

(1)大阪天満宮へのアクセス

◆主な最寄駅
地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」
JR東西線「大阪天満宮」駅 

(2)天神橋筋商店街へのアクセス

◆主な最寄駅
JR大阪環状線「天満」駅
地下鉄堺筋線「扇町」駅

(3)鉾流神事へのアクセス

◆主な最寄駅
地下鉄堺筋線・京阪「北浜」駅
地下鉄御堂筋線・京阪「淀屋橋」駅

(4)陸渡御(りくとぎょ)へのアクセス

◆主な最寄駅
地下鉄谷町線・堺筋線「南森町」駅
JR東西線「大阪天満宮」駅
地下鉄堺筋線・京阪「北浜」駅
地下鉄御堂筋線・京阪「淀屋橋」駅

(5)船渡御(ふなとぎょ)へのアクセス

◆主な最寄駅
地下鉄谷町線・京阪「天満橋」駅
JR大阪環状線「桜ノ宮」駅
地下鉄谷町線「都島駅」


①大阪天満宮②天神橋筋商店街③陸渡御スタート④船渡御スタート⑤打ち上げ花火⑥仕掛け花火

天神祭2019で素敵な思い出を

大阪の天神祭は日本屈指のスケールを誇る夏祭りです。陸や川、夜空を舞台に繰り広げられる壮大なお祭りは大阪の天神祭ならでは。今年の夏は大阪で唯一無二の豪華な夏祭りを楽しんでみるのはいかがですか?

twitter.com(@aco1125vodkaさん)※過去の天神祭

※情報は記事作成時のものです。一部は過去の情報を参考に掲載しております。予告なく変更・削除することがありますのでご了承ください。おでかけの際は公式サイト等で最新情報をご確認くださいませ。

あわせて読みたい

おすすめの記事